大口融資を希望する方

総量規制により他社の借入も含めた「総額」年収の1/3までと借りられる金額が制限されています。

たとえば、借入残高が50万円を超える場合、他の会社を含めた総借入額が100万円を超える場合は、収入を明らかにする書類の提出をしなければなりません。

ただし、除外例もあります。

  1. 顧客に一方的有利となる借換え
  2. 緊急の医療費の貸付け
  3. 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  4. 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  5. 個人事業者に対する貸付け
  6. 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(施行規則第10条の23第1項各号)


この規制のポイントは、預金取扱金融機関からの借入。

つまり銀行からの借入は除外されるということです。


逆に大口の融資を受けることができないケースはどのような場合なのか?

  1. 収入に対する借り入れする希望金額が多かったため
  2. 既に数社から借り入れしていたことで既に総量規制の対象となっている
  3. 年齢、職業、雇用形態の問題(安定した収入がない)
  4. 過去に借入した時、返済が滞ったことがあった

審査で希望金が金額に達しなかったために契約をしないということは避けましょう。


なぜなら、他社で審査を受けてもほぼ同じ条件になるからです。


むしろ、複数の業者からの審査を受けているほうが、信用度を下げてしまいます。


ご自身のキャッシング利用状況によって、始めに設定された、借入限度額や借入時の実質年率(金利)が変わります。


借りれる限度額いっぱいを借りて、返済実績を作り、追加融資を受けるようにしましょう。


サービス
融資可能額 実質年率 融資スピード

100×60 ローテーション

1~500万円 4.8%-18.0% 最速

アコム

1~500万円 4.7%~18.0% 最短30分

100*60

1~500万円 4.5%~17.8% スピーディな審査

武富士

1~300万円 4.6%~20.0% 最短30分
- - - -